【社会】無資格の妻がレーザーで入れ墨除去 容疑で美容外科院長ら逮捕…愛知[H27/5/11]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

file0001130649111

 

1: トト◆53THiZ2UOpr5 2015/05/11(月)10:40:43 ID:g29
無資格で入れ墨除去 愛知県警、美容外科院長ら逮捕
2015年5月11日 08時54分 高出力のレーザー機器を使って入れ墨除去などの医療行為を
医師の資格を持たない妻にさせていたとして、愛知県警は10日、
医師法違反の疑いで、大阪市中央区の美容外科「T-クリニック」院長
の土屋誠太容疑者(44)=大阪市中央区=を逮捕した。夫の指示で
実際に施術をしていた妻の恵容疑者(46)も、同法違反の疑いで
逮捕した。逮捕容疑では誠太容疑者は2012年7月ごろから翌年3月26日
までの間、恵容疑者に指示し、名古屋市中村区に当時開設していた
「T-クリニック名古屋院」で、当時18~28歳だった大学生や会社員など
男女5人の患者に、レーザー機器を使った入れ墨除去や脱毛などの
医療行為をさせたとされる。恵容疑者はレーザー照射の方法を
医師である夫に教わり、施術していたとされる。誠太容疑者は「弁護士に相談するまで話したくない」、恵容疑者は
「医師に従ってやっただけ」と容疑を否認しているという。

県警によると、恵容疑者はクリニックの役員だが医師免許はなく、
准看護師の資格しか持っていなかった。被害者5人のうち両腕の
入れ墨除去の施術を約4万円の料金を払って受けた愛知県内の
無職女性=当時(20)=は、レーザーを当てた部分がケロイド状になる
やけどを負ったという。

(後略)

※全文は中日新聞でご覧下さい。
http://www.chunichi.co.jp/s/article/2015051190085459.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。